メールマガジン「CNL (Core micro systems News Letter)」
第二号: 大盛況!次期戦略・新製品発表会のご報告 (2009年11月18日発行)


いつもお世話になっております。
コアマイクロシステムズの吉政でございます。

先週金曜日に次期戦略・新製品発表会が終了いたしました。
当日は120名のお申し込みに対して100名近いご出席を頂きました。

多くの方々にご参加いただき、大変ありがたく、改めて身の締まる思いで
おります。

当日ご説明いたしました重点3製品群のポイントは下記のとおりです。

SSD系:長期ノンストップの超高信頼DRAM-SSDとFLASH-SSDと併用の6TBSSD
   ※無料の事前検証プログラムにより、確実な提案が可能です!
   ※SSDとしてはかなり安価になりました!

Primeシリーズ:仮想環境ストレージとして堅牢かつ柔軟な拡張性を実現
   ※仮想環境だからこそ、安価で堅牢なストレージが必要なはずです

Data SAFE:TeraStationやLAN DISKを唯一統合バックアップできる製品です
   ※毎年のように購入頂き、気がつけば5台10台とお持ちになっている
    お客様が狙い目です。エージェントレスなので売りやすいです。

当日の模様や資料ダウンロードコーナーよりを設置しましたので、参加でき
なかった方は、是非レポートをご覧いただければ幸いでございます。

当日の説明を個別に聞きたい!という方は是非、このメールに返信いただき、
お申し付けください。(関東、関西圏の方はすぐに対応できます)

それでは、今号も宜しくお願いいたします!!!


□□ 広告 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

12TBモデルが49万8千円です!Net Filer 2008モデルチェンジキャンペーン!
詳細は>http://www.cmsinc.co.jp/products/netfiler.html
※残り10台です

□□ INDEX □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

[News & Topics]

◇ 11月6日発表結果 ◇ ★日経ITPro様アクセス・ランキング・イン
不況時でも強い競争力を持つ「Solid STOR」、「Prime STOR」、「Data SAFE」
を基軸にした間接販売戦略を強化し、業績拡大を狙う

◇ 11月13日発表結果 ◇ ★日経ITPro様アクセス・ランキング・イン

最大容量6TBのインテリジェントB+TREE キャッシュ型超大容量RAM Cached SSD
「Super SSD」と30万IOPSを超える超高トランザクション対応のインライン
キャッシュ「Super CACHE」を発表


[セミナー&イベント]

・11月13日開催結果報告「コアマイクロシステムズ次期戦略・新製品発表会」

・ディーアイエスソリューション株式会社主催セミナー

[Webサイト更新]

・学習院大学様の事例を公開しました
・12TBモデルNASが先着20台様に498,000円!の50%オフキャンペーンを
 公開しました


[テクニカル・コラム:かんたん♪ ZFS]

第二回:根久善太

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

◆◆>[ News & Topics ]<◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◇ 11月6日発表結果 ◇
不況時でも強い競争力を持つ「Solid STOR」、「Prime STOR」、「Data SAFE」
を基軸にした間接販売戦略を強化し、業績拡大を狙う
URL:http://www.cmsinc.co.jp/news/2009/news2009110601.html
掲載結果:日経ITPro様、BP.net様サイボウズ.net様等にご掲載いただきました。

日経ITPro様:http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20091106/340133/
★5位:日経ITPro様IT業界動向部門アクセス・ランキング

◇ 11月13日発表結果 ◇

最大容量6TBのインテリジェントB+TREE キャッシュ型超大容量RAM Cached SSD
「Super SSD」と30万IOPSを超える超高トランザクション対応のインライン
キャッシュ「Super CACHE」を発表
URL:
(Super SSD)http://www.cmsinc.co.jp/news/2009/news2009111302.html
(Super CACHE)http://www.cmsinc.co.jp/news/2009/news2009111301.html
掲載結果:日経ITPro様、BP.net様、japan.internet.com様、仕事の計画様など
多く掲載されました。

日経ITPro様:http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20091113/340523/
★7位:日経ITPro様プラットフォーム部門アクセス・ランキング

◆◆>[ セミナー & イベント ]<◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◇11月13日開催結果報告「コアマイクロシステムズ次期戦略・新製品発表会」

当日は今後ストレージ市場の一角をなすSSDの新製品2機種と仮想環境のストレ
ージとして注目株の「NexentaStor」搭載のPrimeシリーズに業界唯一のTera
StationやLAN DISK、Windows/Linuxファイルサーバを唯一統合バックアップ
できる製品「Data SAFE」の次期戦略・新製品発表会として、開催しました。

他にはない性能・機能・価格にて提供をさせていただくこともあり、非常に
多くの方々にご参加いただき、また多くのご意見、ご要望を頂くに至りました。
弊社としてまだまだ至らないこともあるかと存じますが、皆様のご意見を広く
取り入れ、皆様にとって重要なパートナーとして位置づけられるように尽力
致します。引き続きご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願いいたします。

製品や戦略の詳細は下記をご参考下さい。

開催レポート>http://www.cmsinc.co.jp/seminar/20091113.html

◇ディーアイエスソリューション株式会社主催セミナー 
 ※DataSAFEのプレゼンテーションがあります。
 
 BCPセミナー『効率的・効果的に』安心を構築する!
 -リカバリー構築手法と低コストBCPソリューションー

 東京 11月20日開催
  →http://www.dsol.co.jp/topicsdetail.php?eid=00069
 
 大阪 11月27日開催
  →http://www.dsol.co.jp/topicsdetail.php?eid=00070

・学習院大学様の事例を公開しました
 詳細は>http://www.cmsinc.co.jp/casestudy/casestudy_04.html

・12TBモデルNASが先着20台様に498,000円!の50%オフキャンペーンを
 公開しました
 詳細は>http://www.cmsinc.co.jp/casestudy/casestudy_04.html

◆◆>[ テクニカルコラム:かんたん♪ ZFS ]<◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

第二回:根久善太

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

朝晩がずいぶん寒くなってきました♪ 皆様いかがお過ごしでしょうか?

このコラムでは、皆様がよく使われているファイルシステムと ZFS の
違いをケーススタディをもとにご紹介していきます。

今までのファイルシステムとは一味違う ZFS を活用して面倒なファイ
ル管理の苦労を減らしましょう!

-------------------------------------------------------------------

 Z株式会社は関西に本拠を置く社員三百人のシステムインテグレータ
です。その情報システム部で社内システムの管理を担当しているAさん
の日常を見てみましょう。

 社長の湾万に呼び出されたAさん。一つ上の階にある社長室を訪ねま
した。

「実は中部にサテライトオフィスを作ろうと思うんだ。名古屋に懇意に
 している開発会社がある。そこのフロアに間借りするつもりだ。ネッ
 トワークなどインフラの方はよろしく」

 Aさんは湾万の意図が分かりませんでした。その様子を見て湾万が言
いました。

「うちのビジネスの半分は中部地方のお客様だ。拠点を置いて営業を強
 化したいんだよ。それに常駐している社員も近くに帰る場所があった
 方がいいだろう。月に一回マネージャが給料袋持ってきてくれるだけ
 では心細いもんだよ」

 Aさんも自宅から遠く離れた開発現場に一人で常駐したことがありま
す。確かに、現場の近くに自社拠点があると心強いかもしれません。

「それと、ストレージに詳しい人間に来てもらうことにした。あとでそ
 ちらへ行かせるよ」

 さて、新しく拠点を作るといってもどうすれば良いのでしょうか。業
務用のシステムはネットワーク帯域をそれほど必要としないのでなんと
かなりそうです。問題はファイルサーバです。開発に使用している様々
なリソースを本社との間で共有しなければいけません。
 Aさんがパソコンのモニタを眺めながら考えていると、若い男がやっ
て来ました。

「Aさんですか?」

 Aさんは顔を上げました。さきほど湾万が言っていた新人でしょうか。
男は元気な笑顔を返しながら言いました。

「根久善太 (ねくぜんた) です。よろしくお願いします」

「ああ……ストレージに詳しいそうだね。社長から聞いただろうけど、
 名古屋にサテライトオフィスを作るんだ。でもファイル共有とバック
 アップが悩みでね。あまりお金もかけられないんだ」

「じゃあ良い方法を考えてみます。少し時間をいただけますか」

「それはかまわないけど………何かアイデアがあるのかい」

「今のストレージシステムに遠隔地とのデータ同期オプションがあると
 思うんです。見積もりを取ってみましょう。予算と合わないようでし
  たら ZFS はどうでしょうか?」

「ZFS ………聞いたことはあるけど、今のシステムとうまく折り合いを
 つけることができるのかい」

「大丈夫ですよ」

「どのくらいお金がかかるんだ?」

「無償です」

(つづく)


 物理的に離れたところにあるオフィス間のファイル共有やバックアッ
プはシステム管理者を悩ませる課題のひとつです。ZFS はメタデータと
データをスナップショットとして、外部へ送信する機能を持っています。

 またブロックレベルのデータレプリケーションソフトウェアを組み合
わせることもできます。

 次回以降も、基本的な使い方もまじえつつ、実際の課題に ZFS をのよ
うに応用することができるのかを紹介していきます。


 (高田 浩生)



□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
※ CMS News Letterについては下記にアップしてまいります。
  http://www.cmsinc.co.jp/mm/mailmagazine/index.html

編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発表会が無事終わりました。ご参加いただいた皆さま、本当にありがとうござ
いました。発表会の勢いもさることながら、お問い合わせの数も日々増えてお
り、お客様の対応が遅れ気味になることも・・。嬉しい悲鳴といえばそうなの
ですが、製品のパターン化などもっと効率化できるはず・・と思っています。
日々精進しつつ、強い会社に社員の皆様と築き上げていきたいです。そして、
皆様から頼りにされる会社にしていきたいです。(吉政)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
コアマイクロシステムズでは、お客様事例を募集しております。事例にご協力
いただきましたお客様の社名やお取り組みを弊社のホームページや販促資料に
記載させて頂き、皆様のビジネスの露出度向上に貢献をさせていただきたいと
考えております。お気軽に弊社担当までお申し付けください。
―◇本メールマガジンの登録解除方法◇―――――――――――――――――
このメールに対する登録解除は★そのまま返信★でその旨をお伝えください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
本メールマガジンの送付先追加と送付先変更方法
このメールマガジンに★そのまま返信★で下記の項目をCut & Pasteして項目
を埋め、返信して下さい。

変更の場合、旧送付先:
(1)メールアドレス:
(2)氏名     :
(3)会社名    :
(4)部署名    :
(5)役職名    :

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
発行人:コアマイクロシステムズ株式会社
    営業・マーケティング統括執行役員 吉政 忠志
──――─―─―─(C) Core Micro Systems Inc., All Rights Reserved ―


▲メールマガジンのトップページへ
(c) Core Micro Systems Inc., All rights reserved.