メールマガジン「CNL (Core micro systems News Letter)」
第三号: IBM System x版アプライアンス製品2機種を発表しました (2010年1月1日発行)


新年明けましておめでとうございます。
コアマイクロシステムズの吉政でございます。

旧年中は大変お世話になりました。深く御礼申し上げます。
本年も引き続きご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。

さて、今年最初のメールマガジンは、12月24日に報道発表いたしましたIBMサーバ
版Data SAFE及びServer SAFEの発表について、ご連絡いたします。

お陰様で、キーマンズネット様、ZDnet様、仕事の時間様、Yahoo!ニュース様、
Exciteニュース様、Livedoorニュース様などにご掲載いただいております。

お客様からIBMサーバ版 Data SAFE及びServer SAFEに関するお問い合わせがあっ
た際にご参考いただければ幸いでございます。

===================================
☆ 最大26%オフ Promise「Vess RAID」キャンペーン ☆
・3U 16HDD Bay構造 / 最大80HDDまで拡張可能
・iSCSI / SAS ホストインターフェース
・DASストレージに最適なSASインターフェースモデル
・低価格IP SANストレージに最適なiSCSIインターフェースモデル
⇒http://www.cmsinc.co.jp/products/promise_cp.html
□□ INDEX □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

[News & Topics]

◇ 12月24日発表予定 ◇
・IBM System x版 Data SAFE及びServer SAFEの発表

[セミナー&イベント]

・ディーアイエスソリューション株式会社主催セミナー(東京・大阪)

[テクニカル・コラム:かんたん♪ ZFS]

第三回:OpenSolaris / Nexenta

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

◆◆>[ News & Topics ]<◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◇ 12月24日発表のご報告 ◇
IBM System x版エージェントレス・バックアップ・アプライアンス
「Data SAFE I」を発表
報道発表原文:http://www.cmsinc.co.jp/news/2009/news2009122401.html

Windows / Linux サーバを保護するIBM System xとのCDPアプライアンス
「Server SAFE I」を発表
報道発表原文:http://www.cmsinc.co.jp/news/2009/news2009122402.html

◆◆>[ セミナー & イベント ]<◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◇ディーアイエスソリューション株式会社主催セミナー 
 ※DataSAFEのデモンストレーションがあります。
 
 BCPセミナー『効率的・効果的に』安心を構築する!
 -リカバリー構築手法と低コストBCPソリューションー

 東京 11月26日開催
  →http://www.dsol.co.jp/topicsdetail.php?eid=00081
   
 大阪 1月22日開催
  →http://www.dsol.co.jp/topicsdetail.php?eid=00080
  
◆◆>[ テクニカルコラム:かんたん♪ ZFS ]<◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

第三回:OpenSolaris / Nexenta

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

このコラムでは、皆様がよく使われているファイルシステムと ZFS の
違いをケーススタディをもとにご紹介していきます。

今までのファイルシステムとは一味違う ZFS を活用して面倒なファイ
ル管理の苦労を減らしましょう!

-------------------------------------------------------------------

 Z株式会社は関西に本拠を置く社員三百人のシステムインテグレータ
です。その情報システム部で社内システムの管理を担当しているAさん
の日常を見てみましょう。

 名古屋にサテライトオフィスを作ることになり、そのネットワーク構
築を担当することになったAさん、本社とのファイル共有をどのように
実現するのか悩みます。

「ZFS はどうでしょうか?」

 そう言うと根久善太はにっこりと笑いました。 Aさんも ZFS という
ファイルシステムがあることは聞いたことがありました。でも、少し心
配です。

「無償なのはいいんだが、ちゃんとしたものなのかい?」

「ZFS はサン・マイクロシステムズが開発したファイルシステムです。
 サンは OpenSolaris プロジェクトに Solaris 10 と ZFS を提供した
 んです。商用でも十分実績がありますよ」

「どうやって使うんだい?」

「Nexenta というディストリビューションがあります。OpenSolaris カー
 ネルに Ubuntu のユーザランドを組み合わせたものです。これをイン
 ストールすれば使うことができますよ」

「今回のサテライトオフィスに使えるんだな?」

「はい。ZFS はスナップショットを外部に送信する機能を持っています。
 それに OpenSolaris プロジェクトにある Sun StorageTek
 Availability Suite を使えばブロックレベルで遠隔地へのデータコピー
 ができます」

 Aさんは早速試してみることにしました。Nexenta のインストール CD
は http://www.nexenta.org/os/Download からダウンロードすることが
できます。

「できれば 64 ビットマシンがいいですね。ハードディスクも三台以上
 接続されている方がいいです」

 Aさんは会社に標準サーバとして導入しているマシンの予備機を使う
ことにしました。次のような構成のマシンです。

 + Intel Xeon 5260

 + メモリ 8 GB

 + ハードディスク SAS 300 GB × 8 台

「メモリは多いほどいいです。ZFS は搭載されているメモリのほとんど
 をキャッシュとして活用します。あと RAID を使わずに全てのディス
 クをそのまま OS に見せる方が、ZFS の仕組みが良く分かると思いま
 すよ」

 http://www.nexenta.org/os/Getting_Started に従ってインストール
を進めます。システム用のハードディスクは 8 台のうちの 2 台を選択
しました。こうしておくと、インストーラが OS 領域をミラー構成にし
てくれます。タイムゾーン、 root パスワードなどを促されるままに入
力し、ファイルコピーが終わるとインストールが完了しました。


(つづく)

(高田 浩生)


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
※ CMS News Letterについては下記にアップしてまいります。
  http://www.cmsinc.co.jp/mm/mailmagazine/index.html

編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
妻いわく、今年の私の運勢では、私は大きな分岐点を迎えるようです。今から
どんな初夢を見るのか楽しみにしています。皆様の今年も、よい年であります
ように!今年も宜しくお願い申し上げます。(吉政)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
コアマイクロシステムズでは、お客様事例を募集しております。事例にご協力
いただきましたお客様の社名やお取り組みを弊社のホームページや販促資料に
記載させて頂き、皆様のビジネスの露出度向上に貢献をさせていただきたいと
考えております。お気軽に弊社担当までお申し付けください。
―◇本メールマガジンの登録解除方法◇―――――――――――――――――
このメールに対する登録解除は★そのまま返信★でその旨をお伝えください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
本メールマガジンの送付先追加と送付先変更方法
このメールマガジンに★そのまま返信★で下記の項目をCut & Pasteして項目
を埋め、返信して下さい。

変更の場合、旧送付先:
(1)メールアドレス:
(2)氏名     :
(3)会社名    :
(4)部署名    :
(5)役職名    :

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
発行人:コアマイクロシステムズ株式会社
    営業・マーケティング統括執行役員 吉政 忠志
──――─―─―─(C) Core Micro Systems Inc., All Rights Reserved ―



▲メールマガジンのトップページへ
(c) Core Micro Systems Inc., All rights reserved.