メールマガジン「CNL (Core micro systems News Letter)」
第五号:業界初 Windowsネイティブスケールアウト型クラスタストレージ発売開始(2010年3月19日発行)

□□ CMS News Letter □□□□□□□□□□□□Core Micro Systems □□□
      
業界初 Windowsネイティブスケールアウト型クラスタストレージ発売開始

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□ Vol.005 2010/03/19 □□

いつもお世話になっております。

今号は先日発表いたしました「業界初 Windowsネイティブスケールアウト型
クラスタストレージ」についてご報告をさせていただきます。

本発表は、米国 Sanbolic社のSAN シェアードストレージ用新ソフトウェア ス
イートパッケージを弊社が発売するというものです。関連資料(日本語)も
Webアップしておりますので、ご興味がある方は是非ダウンロードください。

また、今号ではSRA OSS様と共同で半導体ストレージのPostgreSQL検証結果
解説セミナーもご案内いたします。ご興味がある方は下記にて詳細をご確認
の上、ぜひご参加ください。

セミナー詳細:http://www.sraoss.co.jp/event_seminar/2010/0415.php

それでは、今号も宜しくお願いいたします!!!


□□ INDEX  □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

[News & Topics]

◇ 3月16日発表の結果 ◇
米国 Sanbolic社のSAN シェアードストレージ用
新ソフトウェア スイートパッケージを発売開始
~ 業界初 Windowsネイティブスケールアウト型
              クラスタストレージ ソリューション ~

◇ 3月8日発表の結果 ◇
オープンソースのSNSエンジン「OpenPNE(オープンピーネ)」を対象にした世界
最速クラスの半導体ストレージ「Solid STOR」、「Super CACHE」、「Super 
SSD」の設定費用の無償提供を開始

◇ 3月3日発表の結果 ◇
キクデンインターナショナル、コアマイクロシステムズとエージェント無料の
低価格CDPアプライアンスの拡販で提携
~「Data Saver」と「PC SAFE」の両製品を共通化し、競争力の向上をはかる

◇ 2月18日発表の結果 ◇
SRA OSS様と協業し世界最速クラスの半導体ストレージ
「Solid STOR」、「Super CACHE」、「Super SSD」を販売開始
~ PostgreSQLのI/O処理時間を最大で10倍短縮 ~

[セミナー情報]

4月15日開催決定!
SRA OSS様共催「PostgreSQLと半導体ストレージの効果検証結果解説セミナー」

[Webサイト更新]

・パートナーリストにSRA OSS様、iServe様、キクデンインターナショナル様
を掲載させていただきました。
・Sanbolic社Melio製品の説明資料を公開しました。
・「OpenPNEシステムの ストレージI/Oボトルネック解消ソリューション」を公
 開しました。

・ドキュメントセンターに下記の資料を公開しました。
  「高速ネットワークブート(iSCSI)型シンクライアントシステム「DT-FLEX
   ソリューション」のご提案」
  「Data SAFE開発コンセプト」
  「ユニファイド I/O ストレージPrimeSTOR ZFS ご紹介」(構成例と性能値)

[テクニカル・コラム:かんたん♪ ZFS]

第五回:ZFS ファイルシステム

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

◆◆>[ News & Topics  ]<◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◇ 3月16日発表の結果 ◇
米国 Sanbolic社のSAN シェアードストレージ用
新ソフトウェア スイートパッケージを発売
~ 業界初 Windowsネイティブスケールアウト型
            クラスタストレージ ソリューション ~
URL:https://www.cmsinc.co.jp/news/2010/news201003161.html
掲載結果:キーマンズネット様、仕事の計画様(リクルート)、
     biglobeニュース様、livedoorニュース様、Exciteニュース様
     など主要メディアに掲載されました。

※仕事の計画様の掲載内容は下記の通りです。
http://4510plan.jp/360/businessnews/16829/

◇ 3月8日発表結果 ◇
オープンソースのSNSエンジン「OpenPNE(オープンピーネ)」を対象にした世界
最速クラスの半導体ストレージ「Solid STOR」、「Super CACHE」、「Super 
SSD」の設定費用の無償提供を開始
URL:https://www.cmsinc.co.jp/news/2010/news201003081.html

◇ 3月3日発表結果 ◇
キクデンインターナショナル、コアマイクロシステムズとエージェント無料の
低価格CDPアプライアンスの拡販で提携
~「Data Saver」と「PC SAFE」の両製品を共通化し、競争力の向上をはかる
URL:https://www.cmsinc.co.jp/news/2010/news201003031.html
掲載結果:日経ITpro様、日経BPnet様、仕事の計画様(リクルート)、
     biglobeニュース様、livedoorニュース様、Exciteニュース様
     など主要メディアに掲載されました。

※日経ITpro様の掲載内容は下記の通りです。
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20100303/345294/

※仕事の計画様の掲載内容は下記の通りです。
 http://4510plan.jp/360/businessnews/16258/

◇ 2月18日発表結果 ◇
SRA OSS様と協業し世界最速クラスの半導体ストレージ
「Solid STOR」、「Super CACHE」、「Super SSD」を販売開始
~ PostgreSQLのI/O処理時間を最大で10倍短縮 ~
URL:https://www.cmsinc.co.jp/news/2010/news201002181.html
掲載結果:日経ITpro様、日経BPnet様、仕事の計画様(リクルート)、
     biglobeニュース様、livedoorニュース様、Exciteニュース様
     インターネットコム様、Gooニュース様、Infoseek様、Bizma!様
     Enterprise Watch様など主要メディアに掲載されました。

※日経ITpro様の掲載内容は下記の通りです。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20100218/344795/

※Enterprise Watch様の掲載内容は下記の通りです。
http://enterprise.watch.impress.co.jp/docs/news/20100219_349718.html

※インターネットコム様の掲載内容は下記の通りです。
http://japan.internet.com/busnews/20100218/4.html

◆◆>[ セミナー情報   ]<◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
PostgreSQLと半導体ストレージの効果検証結果解説セミナー
DB 性能を10倍に改善!B+TREEでキャッシュ性能も大幅改善
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
  
SRA OSSが長年サポートやコンサルティングを実施しているオープンソースの
データベースPostgreSQLで は、トランザクション負荷の高いシステムではラ
ンダムI/Oの発生でディスクがボトルネックになることが頻繁にあります。

そこで、SRA OSS Inc., 日本支社とコアマイクロシステムズは共同で検証を
行い、ランダムアク セスに強い半導体ストレージを使用することで、
PostgreSQLのこのボトルネックを解消し、最大10倍の性能 改善が可能である
ことを確認しました。そこで、下記に於いてその検証結果と半導体ストレージ
のテクニカルオーバービュー( B+TREE 型フル連想キャッシュメカニズム)を
皆様にご説明申し上げたく、セミナーを4月15日に開催する運びとなりました。

DBの性能改善にご興味がある方はぜひご参加ください。

☆詳細とお申し込みは下記からお願いいたします。
http://www.sraoss.co.jp/event_seminar/2010/0415.php


◆◆>[ Webサイト更新  ]<◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・パートナーリストにSRA OSS様、iServe様、キクデンインターナショナル様
を掲載させていただきました。
 https://www.cmsinc.co.jp/partner/index.html

・Sanbolic社Melio製品の説明資料を公開しました。
 https://www.cmsinc.co.jp/products/partners/sanbolic.html

・「OpenPNEシステムの ストレージI/Oボトルネック解消ソリューション」を公
 開しました。
 https://www.cmsinc.co.jp/products/openpne.html

◆◆>[ テクニカルコラム:かんたん♪ ZFS  ]<◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

第五回:ZFS ファイルシステム

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

  早いもので、もう花の便りを待つ季節になりました。年度末でなにかと
  慌ただしい今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

  このコラムでは、 よく使われているファイルシステムと ZFS の違いを
  ケーススタディをもとにご紹介していきます。

  今までのファイルシステムとは一味違う ZFS  を活用して面倒なファイ
  ル管理の苦労を減らしましょう!

 -------------------------------------------------------------------

   情報システム部へやってきた根久善太の勧めに従い、 Nexenta OS を
  試してみることにしたAさん。インストールを無事に終え、ストレージ
  プールを作成しました。次はファイルシステムの作成です。

  「じゃあ、作成したストレージプールに実際のファイルを格納する領域
   を作ってみましょう」

   根久はコンソールからコマンドを打ちました。

   # zfs create tank/data

   # zfs list

   NAME        USED   AVAIL   REFER   MOUNTPOINT
   tank        476K   299.5G    21K   /tank
   tank/data    18K   299.5G    18K   /tank/data

  「これでストレージプール tank に data  という ZFS ファイルシステ
   ムが出来ました。自動的に /tank/data にマウントされるので、すぐ
   に使うことができます」

  「なるほど、これも簡単だね」

  「ファイルシステムの細かい設定は、プロパティに値を設定することで
   行います。例えばデータの冗長度を設定して見ましょう」

   # zfs set copies=2 tank/data

   # zfs get copies tank/data

   NAME        PROPERTY   VALUE   SOURCE
   tank/data   copies     2       local

  「copies はデータの複製数を指定するためのプロパティです。 デフォ
   ルトではメタデータは二つ、データは一つのコピーが格納されます。
   copies = 2 とすると、 メタデータは三つ、データは二つになります。
   これにより、もしデータ破壊が起きても、もう一方のコピーを使用し
   て回復することができます」

  「他にはどんなプロパティがあるんだい」

  「quota やチェックサムアルゴリズム、データ圧縮、ACL 継承方法など
   があります。詳細は Solaris ZFS 管理者ガイドを見てください」

  「ファイルシステムを NAS として使用するにはどうすればいいんだい?」

  「それもプロパティから設定できます」

   # zfs set sharenfs=on tank/tank

  「とすれば NFS で共有されます」

   # zfs set sharesmb=on tank/tank

  「とすれば CIFS で共有されます。もちろんこれ以外にも若干の設定が
   必要です。機会があれば説明したいですね」

  「少しかっこいい機能も使ってみたいな」

  「じゃあ、次はスナップショットを試してみましょう」

  (つづく)


  ■ 参考文献

   (1) サンマイクロシステムズ、"Solaris ZFS 管理ガイド"、
     Part No. 819-6260-15、2009 年 4 月

 
 (高田 浩生)

-----------------------------------------------------------------------


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
※ CMS News Letterについては下記にアップしてまいります。
  https://www.cmsinc.co.jp/mm/mailmagazine/index.html

編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最近、PC SAFEの引き合いが増えています。デスクトップPC向けの安価で手軽
なバックアップのニーズは確実にあるのだと思いました。PC SAFEは評価機貸
し出しも可能ですので、是非お申し付けください。

※PC SAFEについては下記を参照ください。
 https://www.cmsinc.co.jp/products/pcsafe.html

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
コアマイクロシステムズでは、お客様事例を募集しております。事例にご協力
いただきましたお客様の社名やお取り組みを弊社のホームページや販促資料に
記載させて頂き、皆様のビジネスの露出度向上に貢献をさせていただきたいと
考えております。お気軽に弊社担当までお申し付けください。
―◇本メールマガジンの登録解除方法◇―――――――――――――――――
このメールに対する登録解除は★そのまま返信★でその旨をお伝えください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
本メールマガジンの送付先追加と送付先変更方法
このメールマガジンに★そのまま返信★で下記の項目をCut & Pasteして項目
を埋め、返信して下さい。

変更の場合、旧送付先:
(1)メールアドレス:
(2)氏名     :
(3)会社名    :
(4)部署名    :
(5)役職名    :

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
発行人:コアマイクロシステムズ株式会社
──――─―─―─(C) Core Micro Systems Inc., All Rights Reserved ―
世界最高峰の技術で、世界最高性能のストレージを
Copyright 2020 Core Micro Systems Inc., All rights reserved.