テクニカルコラム かんたん♪ZFS
第三回:OpenSolaris / Nexenta(2010年1月1日発行)

  あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

  このコラムでは、皆様がよく使われているファイルシステムと ZFS の
  違いをケーススタディをもとにご紹介していきます。

  今までのファイルシステムとは一味違う ZFS を活用して面倒なファイ
  ル管理の苦労を減らしましょう!

 -------------------------------------------------------------------

   Z株式会社は関西に本拠を置く社員三百人のシステムインテグレータ
  です。その情報システム部で社内システムの管理を担当しているAさん
  の日常を見てみましょう。

   名古屋にサテライトオフィスを作ることになり、そのネットワーク構
  築を担当することになったAさん、本社とのファイル共有をどのように
  実現するのか悩みます。

  「ZFS はどうでしょうか?」

   そう言うと根久善太はにっこりと笑いました。 Aさんも ZFS という
  ファイルシステムがあることは聞いたことがありました。でも、少し心
  配です。

  「無償なのはいいんだが、ちゃんとしたものなのかい?」

  「ZFS はサン・マイクロシステムズが開発したファイルシステムです。
   サンは OpenSolaris プロジェクトに Solaris 10 と ZFS を提供した
   んです。商用でも十分実績がありますよ」

  「どうやって使うんだい?」

  「Nexenta というディストリビューションがあります。OpenSolaris カー
   ネルに Ubuntu のユーザランドを組み合わせたものです。これをイン
   ストールすれば使うことができますよ」

  「今回のサテライトオフィスに使えるんだな?」

  「はい。ZFS はスナップショットを外部に送信する機能を持っています。
   それに OpenSolaris プロジェクトにある Sun StorageTek
   Availability Suite を使えばブロックレベルで遠隔地へのデータコピー
   ができます」

   Aさんは早速試してみることにしました。Nexenta のインストール CD
  は http://www.nexenta.org/os/Download からダウンロードすることが
  できます。

  「できれば 64 ビットマシンがいいですね。ハードディスクも三台以上
   接続されている方がいいです」

   Aさんは会社に標準サーバとして導入しているマシンの予備機を使う
  ことにしました。次のような構成のマシンです。

   + Intel Xeon 5260

   + メモリ 8 GB

   + ハードディスク SAS 300 GB × 8 台

  「メモリは多いほどいいです。ZFS は搭載されているメモリのほとんど
   をキャッシュとして活用します。あと RAID を使わずに全てのディス
   クをそのまま OS に見せる方が、ZFS の仕組みが良く分かると思いま
   すよ」

   http://www.nexenta.org/os/Getting_Started に従ってインストール
  を進めます。システム用のハードディスクは 8 台のうちの 2 台を選択
  しました。こうしておくと、インストーラが OS 領域をミラー構成にし
  てくれます。タイムゾーン、 root パスワードなどを促されるままに入
  力し、ファイルコピーが終わるとインストールが完了しました。
 

  (つづく)
 
(高田 浩生)
世界最高峰の技術で、世界最高性能のストレージを
Copyright 2020 Core Micro Systems Inc., All rights reserved.