ニュース&トピック

2007年11月9日

ストレージ装置用キャッシュ制御ソフトウェアの開発に着手
100GB超キャッシュの制御によってストレージの大幅な高速化を見込む

コアマイクロシステムズ株式会社(〒112-0002 東京都文京区小石川2-2-2 和順ビル6F、代表取締役 高橋晶三、以下コアマイクロシステムズと略)はこのたび、ストレージ装置のアクセス性能の大幅な高速化を実現する独自のキャッシュ制御ソフトウェアの開発に着手いたしましたので発表いたします。

近年の情報化を背景として、企業においては大量の情報を短時間で処理しなければならない状況にあり、データを格納しているストレージシステムに対して高速化のニーズが高まっています。従来からストレージアクセスの高速化の手段のひとつとして、データキャッシュを用いた方法が提唱されていますが、100GBを超える大容量キャッシュを搭載したストレージ製品は価格が極めて高額という問題がありました。

今回、コアマイクロシステムズが開発するストレージキャッシュは、大容量キャッシュを低価格で実現するものであり、ビジネスアプリケーションや科学技術計算アプリケーションなどの処理時間の大幅な短縮が期待されます。

本ソフトウェアの開発完了は2008年第4四半期を目標としており、合わせて、本ソフトウェア技術を搭載した、低価格、大容量、超高速ストレージ製品の販売を予定しています。

お問い合せ

コアマイクロシステムズ株式会社
TEL:03-6279-8501
お問い合わせフォーム

  • ※記載の各種名称、会社名、製品名、ロゴなどは、各社の商標または登録商標です。
  • ※仕様、デザイン、価格は改善などのため、予告なく変更する場合があります。
  • ※本サイトに記載の価格には消費税は含まれておりません。
世界最高峰の技術で、世界最高性能のストレージを
Copyright 2020 Core Micro Systems Inc., All rights reserved.