ニュース&トピック

2011年2月24日

国産初のリアルタイムデータ圧縮とインライン重複排除機能を搭載した
ペタバイトクラスの超大容量半導体ストレージ
「Prime SSDシリーズ」を発表
ZFS技術を応用し業界初のフルユニファイドI/Oに対応した
次世代型半導体ストレージ

コアマイクロシステムズ株式会社(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:高橋晶三、以下 コアマイクロシステムズ)は、最大2.1PBまで容量拡張が可能なフルユニファイドI/0に対応した次世代型、半導体ストレージ「Prime SSDシリーズ」を発表しました。

コアマイクロシステムズは、従来より独自開発の専用ストレージOSをベースにした半導体ストレージ製品(Solid STOR、Super CACHE、Super SSD)を販売していますが、近年のI/Oインテンシブなアプリケーション、プラットホーム(仮想サーバ環境等)のニーズの高まりを受けて、ラインナップの強化としてZFS技術を応用した業界初のフルユニファイドI/O(FC、iSCSI、NFS/CIFS)に対応した次世代型の半導体ストレージを開発しました。

従来の半導体ストレージには無い、リアルタイムデータ圧縮とインライン重複排除を始め、自己データ修復機能を含めた高度なデータインテグリティ、ペタバイトクラスの超大容量化への対応等、クラウド時代のリアルタイムレスポンスストレージとして、可用性/性能/消費電力/スペース効率の全てにおいて圧倒的な価値指標をお届け出来るものと確信します。

■ 製品ラインナップと発売時期
  • Prime SSD PRO(2011年4月発売予定) オープン価格
  • Prime SSD Enterprise(2011年4月発売予定) オープン価格
  • Prime SSD DATA CENTER(2011年6月発売予定) オープン価格
■ 用途
  • 大規模仮想サーバ
  • BI/DWH
  • OLTP/OLAP
  • CAE/EDA
  • HPC
  • WEBコンテンツ/メールサービス
  • リアルタイム映像編集/配信
■ 特長
  • スケーラブル超大容量半導体ストレージ
  • HAクラスタ高可用性システム
  • フルユニファイドI/Oサービス(FC、iSCSI、NFS/CIFS)
  • 階層化半導体ストレージ(DRAM & FLASH)
  • 仮想ストレージ機能(シンプロビジョン/仮想ストレージプール)
  • 高効率ストレージ利用(データ圧縮/重複排除)
  • エンタープライズデータサービス(スナップショット、レプリケーション)
  • 高度なデータ保護機能(自己修復、3パリティRAID)
■ 仕様
モデル Prime SSD
PRO
Prime SSD
Enterprise
Prime SSD
DATA CENTER
型式 PSD-R3000
シリーズ
PSD-R8000
シリーズ
PSD-R10000
シリーズ
ホストコントローラ シングル/デュアル(アクティブ/アクティブクラスタ)
ホストインター
フェース
8G FC/10GbE(最大8×2)
ホストプロトコル FCP、iSCSI、CIFS/NFS、FTP
半導体メディア SLC / eMLC / MLC SSDデバイス RAM CACHED FLASH SSDアレイ*SLC / eMLC / MLCベース
半導体容量 最大25.6TB 最大268.8TB 最大2.1PB
データ保護 エンドツーエンドチェックサム、3パリティRAID
同期書き込み
キャッシュ
RAM SSD(NVRAM化) 8GB×最大12×2
読み出しキャッシュ DRAM 最大288GB×2
仮想化機能 シンプロビジョニング/ダイナミックストレージプール
バックアップ 無制限スナップショット/クローン、ミラー/レプリケーション
データ効率化 圧縮/重複排除(インラインブロックレベル)
性能 レスポンス 25μs/100μsIOPS
最大1,000,000(2ノードアクティブ時)
管理 SNMP、Syslog、MAIL、GUI/CLI
サイズ(EIA) 3U~ 8U~ 10U~

お問い合せ

コアマイクロシステムズ株式会社
TEL:03-6279-8501
お問い合わせフォーム

  • ※記載の各種名称、会社名、製品名、ロゴなどは、各社の商標または登録商標です。
  • ※仕様、デザイン、価格は改善などのため、予告なく変更する場合があります。
  • ※本サイトに記載の価格には消費税は含まれておりません。
世界最高峰の技術で、世界最高性能のストレージを
Copyright 2020 Core Micro Systems Inc., All rights reserved.