ニュース&トピック

2011年6月15日

超大容量ステージングキャッシュと超高帯域I/Oを統合した
スループットQoS型の次世代RAIDストレージ
「Super RAID II」を発表
わずか32HDDで3GB/sのクラス最高のパフォーマンスを実現

コアマイクロシステムズ株式会社(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:高橋晶三、以下コアマイクロシステムズ)は、最大で48台のHDDをサポートし、3GB/sのクラス最速のI/Oスループットを実現する、超大容量ステージングキャッシュと超高帯域I/Oを統合したスループットQoS型次世代RAIDストレージ「SuperRAID II」を発表しました。「SuperRAID II」は本日より販売を開始します。

「SuperRAID II」は、ホスト接続として12G SAS(3G×4レーン)と同時に4G FCをサポートした業界初のDAS&SAN同時接続型のハイブリッドSANストレージです。HD/2K/4K非圧縮映像をダイレクトに、かつストレスなく運用できる、このクラス唯一の高速ストレージシステムです。

■ 製品ラインナップと価格
  • SR2-R3016SF/A1000x16 16TB(SATA 1TB×16) オープン価格
  • SR2-R3016SF/A2000x16 32TB(SATA 2TB×16) オープン価格
  • SR2-R3016SF/S600x16 9.6TB(SAS 600GB×16) オープン価格
  • SR2-R3016SF/S960SSDx16 15.3TB(SSD 960GB×16) オープン価格
  • JB-R3016S/xxxxx16 拡張エンクロージャ(SATA、SAS、SSD) オープン価格
■ 用途
  • HD/2K/4K 非圧縮映像編集
  • H264 映像並列エンコーティング
  • VOD/IPTV マルチストリーム配信
■ 効果
  • 映像取込みから編集プロセスの統合
  • 高帯域ストレージ共有による並列プロセス化
  • マルチストリーム映像同時配信
■ 特長
  • 超高速映像ストリーム用ハイブリッド RAID
  • 連続書込みスループット最大 2.4GB/s
  • 連続読出しスループット最大 3GB/s
  • 高速ランダム I/O 対応 SSD モデルを用意
  • 12G SAS&4G FC DAS&SAN 同時対応
  • 3GB/s 高速ボリュームの同時 SAN 共有
  • スイッチレスダイレクト SAN 対応
  • オプショナル SAN ファイル共有ソフトウェア(SNFS、METASAN、etc)
■ 仕様
モデル名 Super RAID IIシリーズ
形式名 SR2-R3016SFシリーズ
ホストインター
フェース
12G SAS & 4G FC トータル8ch
ステージング B+Tree型超大容量キャッシュ 24GB(最大144GB)
RAIDコントローラ SAS RAIDコントローラ(キャッシュ1GB)
ディスク構成 SATA HDD x 16 SAS HDD x 16 SAS SSD x 16
最大容量 32TB(48TB) 9.6TB 15.3TB
拡張時最大容量 96TB(144TB) 28.8TB 46TB
RAIDレベル RAID0、10、50、60
冗長化 HDD又はSSD、電源ユニット、FAN
マネージメント SNMP、TELNET、ターミナル
所要電源 AC100-240V、50/60Hz
消費電力 500W以下
動作環境 温度35℃以下、湿度95%以下(結露なき事)
ホームファクタ EIA 19" 3U
寸法/重量 430mm(W) x 695mm(D) x 176mm(H) 約40Kg
保証 センドバック1年、オンサイトオプション

お問い合せ

コアマイクロシステムズ株式会社
TEL:03-5917-6451
お問い合わせフォーム

  • ※記載の各種名称、会社名、製品名、ロゴなどは、各社の商標または登録商標です。
  • ※仕様、デザイン、価格は改善などのため、予告なく変更する場合があります。
  • ※本サイトに記載の価格には消費税は含まれておりません。
世界最高峰の技術で、世界最高性能のストレージを
Copyright 2019 Core Micro Systems Inc., All rights reserved.