2012年3月7日

仮想化環境向け最適化高速統合ストレージ「Prime STOR SUPERTIER」を3月7日より発売開始

~世界最高速クラスの300万IOPSを実現した仮想環境向けグリーンストレージ~

コアマイクロシステムズ株式会社(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:高橋晶三、以下 コアマイクロシステムズ)は、仮想化環境向け最適化高速統合ストレージ「Prime STOR SUPERTIER」を3月7日より発売開始することを発表しました。

近年、ITの効率化のもと、サーバ仮想化/デスクトップPCの仮想化が急速に進んでいます。 これらの仮想化環境の構築においては、ストレージのI/O特性(IOPS、スループット)が要になることから、従来非常に高価なハイエンドストレージが使われてきました。本来、仮想化はIT効率化によるトータルコスト低減が目的であったのにかかわらず、ほとんどの場合、これらコスト低減が達成されていないだけではなく、新たなパフォーマンス問題に直面してしまっているのが現状です。弊社では、仮想化環境におけるストレージI/O特性を正しく分析し、ストレージリソース(DRAM/SSD/HDD)の配置及び、高効率なキャッシュ技術によりストレージシステムの最適化を可能にしました。これにより、最高のIOPS/スループットを実現すると共に、コスト指標及び消費電力指標においても、従来比の10倍を超えるトータルパフォーマンスを実現します。

■コンセプト
①価格性能指標の極大化
②HYBIRD TIER構造による究極の階層ストレージ
③トータルグリーンストレージの実現

■特長
①TIERED CACHE & TIERED POOL型ハイブリッド階層ストレージ
②超高帯域並列エンクロージャ方式マルチパスクラスタ構成
③超高可用性筐体間RAID-Z方式HAクラスタ構成
④フルユニファイドホストサービス(FC/iSCSI、CIFS/NFS、etc.)
⑤超高効率リアルタイムデータ圧縮/重複排除
⑥先進のデータインテグリティ&データ保護/修復機能
⑦ノンストップ&無制限拡張を可能にするZFSストレージプール
⑧無制限スナップショット及び、マルチモード/マルチサイトレプリケーション
⑨仮想環境向け高速化&可視化ツール
⑩ユニファイドスケールアウト(ZFS & NAMESPACE CLUSTER)
⑪リアルタイムリソース&パフォーマンスモニタリング

■仕様
・ホストストレージプロトコル: FCP、iSCSI、NFS、CIFS、FTP
・ホストストレージインタフェース:8G FC、10GbE、GbE
・可用性構造: 並列筐体間ZFS RAID方式 アクティブ/アクティブクラスタ構成
・データ保護: 多重ミラー、3パリティRAID、フルチェックサム、データ自動修復
・ストレージヘッド構成: FC & 10GbE TO SASリダンダント構成(2U×2)
・ストレージエンクロージャ構成
 :2U/24ベイ(2.5" SSD、10K SAS HDD)×4台/8台/16台
 :2U/12ベイ(3.5" 7.2K SASニアラインHDD)×8台/16台/32台/64台
・最大IOPS: 300万回/秒(アクティブ/アクティブ)
・最大スループット:30 GB/秒(アクティブ/アクティブ)
・最大キャッシュ容量
 :L1キャッシュ(DRAM) 最大1.5TB
 :同期書込みキャッシュ(SLC SSD)最大3.2TB
 :2次読出しキャッシュ(MLC SSD)最大614TB
・最大ストレージ容量
 :SLC SSDストレージプール 最大153TB
 :10K HDDストレージプール 最大345TB
 :7.2K HDDストレージプール 最大2.3PB
■価格
オープン価格

■出荷開始時期
2012年3月末

■Prime STORシリーズについて
(http://www.cmsinc.co.jp/products/primestor.html)
Prime STORシリーズ は、ZFSベース商用ソリューション ソフトウェアとして初めてインライン 重複排除技術を活用したNexentaStor 3.0を搭載したストレージ装置です。また、Prime STORシリーズは、仮想化サーバ環境やデザインエンジニアリング環境において、I/O パフォーマンスボトルネックによるアプリケーションパフォーマンスの低下を劇的に改善する階層型キャッシュ構造を実現しています。1GB/s を超える高速なNFS サービス(Ver.3.4)を始め、CIFS サービス及びiSCSI ブロックサービスを同時に提供することができます。8KB クラスのスモールI/O サイズから8MB を超えるラージI/O サイズのアクセスに至るまで高度に最適化されたキャッシュ処理により最高のトランザクション性能と最大のストリームスループットを実現します。

※「NexentaStor」、「PrimeSTOR ZFS」、「PrimeGATE ZFS」の詳細資料は以下よりダウンロードできます。
   http://www.cmsinc.co.jp/doccenter/index.html


■ Nexenta Systems, Inc.について
Nexenta Systems社は、米国カリフォルニア州マウンテンビュー市に本社を置きNexenta テクノロジーアライアンスのリーディングパートナーとして活動しており、NexentaStor製品を通してコストパフォーマンスの高いVMwareストレージの実現に寄与しています。また、ドイツ国ドレスデンにサポートセンターを持ち、高度なユーザーサポートを実現しております。詳細については上記Webサイトをご参照ください。
Nexenta Systems社ホームページ: http://www.nexenta.com/

■ コアマイクロシステムズ株式会社について
コアマイクロシステムズ株式会社は、「ストレージソリューションのトータルプロバイダ」として、自社スーパー・ストレージ製品、バックアップ・ストレージ・アプライアンス製品をはじめとして、NexentaStorベースのZFSオープン・ストレージアプライアンス製品の他、Infortrend社、Promise社、Synology社、Inventec社などのパートナー製品及びお客様のニーズに応える幅広いストレージソリューションを提供しています。
ホームページ: http://www.cmsinc.co.jp/

■ 価格など、製品に関するお問い合せ
コアマイクロシステムズ株式会社 製品担当 高橋
TEL:03-5917-6451
Email:sales@cmsinc.co.jp

■ 本件に関する報道お問い合わせ先
コアマイクロシステムズ株式会社 担当:吉政(よしまさ)
TEL:03-5917-6451
Email:pr@cmsinc.co.jp
URL: http://www.cmsinc.co.jp/

■ 登録商標/ライセンシーについて
本プレスリリースに記載のある会社名、製品名は、各社の登録商標または商標で、それぞれの所有者が商標権を保持しています。

Copyright c Core Micro Systems Inc., All rights reserved.





(c) Core Micro Systems Inc., All rights reserved.