2017年3月30日

キーマンズネットでコラム「データから読み取る監視カメラ市場」が公開

キーマンズネットでマーケティングアドバイザーである吉政忠志氏が連載しているコラムが掲載されました。

■『データから読み取る監視カメラ市場』

総務省が効果している平成27年度情報通信白書によると、以下のグラフの通り、2005年から2014年の9年間でビッグデータのデータ流通量は9.3倍に増えています。

2005年を起点とした9年間で9.3倍増という数字は正しいですが、さらに9年後もデータ流通量が9.3倍で伸びていくかといえば、そうはいかないでしょう。素人目にも2014年度の見込みのデータと2013年度のデータを見ると、それまでの伸び率をはるかに超えるカーブでデータ流通量が増えています。ちなみに、2013年から2014年の伸び率は1.344倍です。この上昇率を9年間維持すると、9年後には14.334倍になります。実際には相乗的に伸びているので、9年後に20倍くらいに伸びていてもおかしくないということになります。

(この続きは以下をご覧ください)
http://www.keyman.or.jp/at/30009524/


(c) Core Micro Systems Inc., All rights reserved.