SAN統合仮想化アクセラレーション

本製品の販売は終了いたしました。

概要

複数のストレージを1つの仮想ストレージに統合し、各サーバへ必要な領域をサービスするのがストレージ統合仮想化ソリューションです。ILM、DRなどの機能向上と、さらなる動作速度向上という相反する要望に応えるのがコアマイクロシステムズのSANCacheサーバによるSAN統合仮想化アクセラレーションソリューションです。

特徴

ストレージ統合 FC SAN接続のエンタープライズストレージ、ニアラインストレージをダイナミックに統合仮想化します。
読み書きの高速化 半導体ストレージSolidSTORのテクノロジにより、ストレージへの書込み、ストレージからの読み込み速度をキャッシュし高速化します。
マイグレーション 頻繁にアクセスされるデータを半導体ストレージにホットデータマイグレーション。アクセスの少ないデータをニアラインストレージにコールドデータマイグレーションします。
ディザスタリカバリ ストレージへの書き込みデータをローカル同期レプリケーション、リモート非同期レプリケーションすることにより、ディザスタリカバリを実現済ます。

構成

テクノロジ

SANCacheサーバ ストレージコントロールサーバ部とキャッシュ用半導体ストレージ部を高可用性のために2基ずつ搭載した、ストレージ高速統合仮想化専用に作られたハードウェアです。FC SANで接続したサーバからは、このSANCacheはストレージとして見えます。
半導体ストレージSolidSTOR HDDを使用したRAIDストレージではなく、DRAMメモリを記憶装置にした超高速ランダムアクセストランザクションストレージがSolidSTORです。SANCacheサーバにはSolidSTORテクノロジを使用した半導体ストレージが2基搭載されています。この半導体ストレージにより統合仮想化ストレージの高速化、オートマイグレーションが実現されています。
ストレージ統合仮想化 複数のストレージボリュームを統合し、複数のサーバへ必要なストレージリソースを仮想的に提供するのがストレージ統合仮想化ソリューションです。FalconStor社のIPStorソフトウェアのテクノロジと、コアマイクロシステムズのSANCacheサーバハードウェアにより、高可用性、高速なストレージ統合仮想化が実現します。
高速化 IPStorのSafe Cache・HotZoneメカニズムと半導体ストレージにより、高速なデータマイグレーションを実現します。
HotZoneは、頻繁に使用される領域(HotZone)を特定し、半導体ストレージに自動的にマッピングすることにより読み書きのパフォーマンスを向上します。
SafeCacheはIPStorサーバの読み込みキャッシュに半導体ストレージを利用することにより読み書きのパフォーマンスを向上します。
レプリケーション WAN・VPNで接続したリモートサイトにデータを非同期レプリケーションすることにより災害対策データ保護(ディザスタリカバリ)が可能になります。

お問い合せ

コアマイクロシステムズ株式会社
TEL:03-6279-8501
お問い合わせフォーム

  • ※記載の各種名称、会社名、製品名、ロゴなどは、各社の商標または登録商標です。
  • ※仕様、デザイン、価格は改善などのため、予告なく変更する場合があります。
  • ※本サイトに記載の価格には消費税は含まれておりません。
世界最高峰の技術で、世界最高性能のストレージを
Copyright 2022 Core Micro Systems Inc., All rights reserved.