セキュアファイルマネージメント

本製品の販売は終了いたしました。

概要

ファイルサーバによるファイル共有は、必要なファイルが見つからない、バージョン違いのファイルの混在、ワークフローとファイルの分離、アクセス権限設定やアクセス記録保存が甘いなど、管理上の問題点が多くあります。
これらの問題に対するソリューションとしてコンテンツ管理システムが製品化されてきましたが、豊富すぎる機能と専用ファイル操作方法により操作が難しく、またスケーラビリティに乏しい、高価すぎるなど別の問題を生み出してきました。
ファイルサーバの手軽さで高度なコンテンツ管理機能を実現するのが Oracle データベースのアーキテクチャをベースに作られた Oracle Collaboration Suite 10g の Oracle Content Services です。
フォルダやファイルへのアクセス権限設定、ファイルのバージョン管理、ワークフローとの連携やポリシーベースのドキュメント管理などのさまざまなコンテンツ管理機能を持ちながら、 Web ブラウザ上のドラッグ & ドロップや右クリックメニューによる操作という Windows のエクスプローラと同様の操作でファイル操作が可能です。

特徴

フォルダ・ファイルレベルのアクセス管理 カテゴリ(メタデータ)機能
グループ管理 ビルトイン・ワークフロー
自動バージョニング Oracle BPEL Process Managerとの連携
新しいロールモデルに基づいたACL ウィルス・スキャン・エンジン連携
チェックイン・チェックアウト レコード管理機能

構成図

お問い合せ

コアマイクロシステムズ株式会社
TEL:03-6279-8501
お問い合わせフォーム

  • ※記載の各種名称、会社名、製品名、ロゴなどは、各社の商標または登録商標です。
  • ※仕様、デザイン、価格は改善などのため、予告なく変更する場合があります。
  • ※本サイトに記載の価格には消費税は含まれておりません。
世界最高峰の技術で、世界最高性能のストレージを
Copyright 2022 Core Micro Systems Inc., All rights reserved.