セキュアリッチクライアント

本製品の販売は終了いたしました。

概要

クライアントPCの中にHDDが存在し、このHDDからOSのブートが行われ、作成されたデータもこのHDDに保存されるのが一般的です。
このような方法による問題点として、情報セキュリティリスク、障害発生時の情報ロスとのリスク、管理コスト増大などが考えられます。
センター型ブートサーバ+ブートストレージ方式のディスクレスクライアントPCを実現すると、クライアントPC盗難時の情報漏えいを防ぎ、データ紛失につながるHDD故障も発生せず、個別バックアップなどの管理コストもカットが可能です。

特徴

センター型ブート方式 クライアントPCはHDDレスのシンクライアントを使用、センター型ブートサーバとブートストレージからOSの起動を行います。この方式によりクライアントPCや内蔵HDD等何時の情報漏えいを防ぐことが可能です。またHDDレスなのでクライアントPCの単価が下がるだけでなく、HDD故障によるデータ消失、修理やOS再インストールなどの管理コストも低減可能です。データもセンターストレージに保存されているため、クライアントPC1台ずつバックアップを行うよりも管理コストが低減可能です。
一般的なクライアントが
利用可能
センター型ブートストレージがネットワークに存在するだけで、後は通常のWindowsが起動可能。よってアプリケーションの改変などは必要なく、また既存PCもそのままディスクレスクライアントに変更が可能です。 また、センター型ブートストレージはiSCSI規格のものですが、クライアントPCにiSCSI専用HBAを別途購入し増設する必要は無く、ソフトウェアiSCSIイニシエータが利用可能なので、追加コストがかかりません。LAN起動(PXE2.0)対応の一般的なEthernetポートがあればセンター型ブートサーバからの起動が可能です。

構成図

テクノロジ

センター型ブートサーバによるiSCSIブート クライアントPCのHDDレスブートを実現するのは、emBoot社のソフトウェアテクノロジを活用したセンター型ブートサーバです。対応する起動可能なOSは、Windows 2000 Professional, Windows XP Professional, Windows 2000 Server, Windows Server 2003です。
iSCSI HBA不要 ソフトウェアイニシエータをはじめ、iSCSIブートを可能にするソフトウェアを準備。iSCSI 専用のHBAは不要です。
iSCSI RAIDストレージ ブート用のイメージが保存されたセンター型ブートストレージは、コアマイクロシステムズ製のiSCSI RAIDストレージ、StorForce-I SF-R3016iGA。3Uサイズで最大8TBのキャパシティを1,024台のPCに提供するコストパフォーマンスの高いストレージです。

お問い合せ

コアマイクロシステムズ株式会社
TEL:03-6279-8501
お問い合わせフォーム

  • ※記載の各種名称、会社名、製品名、ロゴなどは、各社の商標または登録商標です。
  • ※仕様、デザイン、価格は改善などのため、予告なく変更する場合があります。
  • ※本サイトに記載の価格には消費税は含まれておりません。
世界最高峰の技術で、世界最高性能のストレージを
Copyright 2022 Core Micro Systems Inc., All rights reserved.