2009年12月24日
報道発表:
Windows / Linux サーバを保護するIBM System xとのCDPアプライアンス
Server SAFE I」を発表

~遠隔地データ保管なども低コストかつ手軽な運用を200万円を切る価格で実現~

コアマイクロシステムズ株式会社(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:高橋晶三、以下 コアマイクロシステムズ)は、IBMx86サーバ「IBM System x」に搭載したWindows / Linux サーバを保護するCDP(継続的データ保護:Continuous Data Protection)アプライアンス「Server SAFE I(サーバセーフ・アイ)」を新たにリリースし、本日より発売を開始いたします。コアマイクロシステムズは、IBMパートナー経由でのビジネスを中心に、初年度50セットの受注を狙います。

Server SAFE Iとは保護対象となるデータベース/電子メール等を提供するサービス系サーバやファイルサーバ等のシステム領域とデータ領域を、アプリケーションレベルの整合性を保ったまま最小単位1分間隔で保護し、数十分以内にシステム復旧を実現する業界最高レベルのCDP機能を搭載したアプライアンス・サーバです。また、業界最高峰の回線使用効率を誇り、保護対象容量が1TBを超えるようなシステムであってもベストエフォート回線1本で遠隔地にデータ保管が可能です。

■Server SAFE I 保護対象サーバカテゴリ表

Server SAFE IDiskSafe (CDPクライアントエージェント ソフトウェア)を保護対象サーバにインストールすることにより、以下の継続的データ保護を実現します。

保護対象プラットフォーム

システム保護

データ保護

必要エージェント

Windows OS

DiskSafe

Linux OS

DiskSafe


    各保護対象プラットフォームのバージョンについては、コアマイクロシステムズまでお問い合わせください。
※  Linux OSへのシステム保護はCDPのエージェントソフトウェアであるDiskSafeによる対応を予定しています。

■Server SAFE I ラインナップ

製品名

管理ストレージ
容量※

接続コネクション数、および世代数

標準希望販売価格

Server SAFE I Entry

2TB

255/255

1,899,000円~

Server SAFE I Pro

4TB / 8TB

255/255

2,099,000円~

Server SAFE I
Enterprise

8TB

255/255

販売価格/保守サービス料金は
コアマイクロシステムズ、および
ServerSAFE
販売代理店へ
お問い合わせください。

※ 上記製品ライセンス購入の際は初年度より保守サービスを合わせて購入することが前提になります。
 ※ 保護対象サーバにはDisk SAFEが別途必要になります。
 ※ 保守サービスの内容は1年間のライセンスのメジャーバージョンアップは除くメンテナンス用のアップ
   デートと電子メール、電話による技術サポートになります。サポート時間は、日本時間、祝日ならびに
   弊社指定休日を除いた平日9:00から17:00までとなります。
 ※ 保守サービスは、別途お問い合わせください。。

 ※ Server SAFEの詳細は下記を参照ください。
   http://www.cmsinc.co.jp/products/serversafe.html 

■コアマイクロシステムズについて

コアマイクロシステムズ株式会社(http://www.cmsinc.co.jp/)は、「ストレージソリューションのトータルプロバイダ」として、自社“SUPER STORAGE”、“STORAGE APPLIANCE” ブランドの製品をはじめ、Infortrend社、QLogic社、Inventec社などの製品およびお客様のニーズに応じた各種ストレージソリューションを提供しています。

■本件に関するお問い合わせ

コアマイクロシステムズ株式会社 
担当:高橋、吉政(よしまさ)

TEL03-5917-6451 / Emailpr@cmsinc.co.jp

■登録商標/ライセンシーについて

文中に引用された社名/製品名/サービス名/ロゴについては、各々の会社の商標ないしは登録商標であり、各所有者が商標権を保持しています。

Copyright © Core Micro Systems Inc., All rights reserved.



(c) Core Micro Systems Inc., All rights reserved.