沿革

平成4年/1992年に創業したコアマイクロシステムズは、ストレージソリューションのリーディングプロバイダとして常に先進的かつ革新的な技術を追い求め、培った豊富な経験と最先端技術によって発展を続けています。

1992年10月設立(資本金1000万円、本社:千代田区)
1996年1月米国及び台湾からの電子機器、部品の輸入販売を開始
台湾 InforTrend社からのコントローラの取扱いを開始
1996年3月本社を東京都千代田区から東京都台東区に移転
1996年6月資本金を4000万円に増資
1997年8月本社を東京都台東区から東京都文京区に移転
RAID機器の取扱いを開始
1998年6月資本金を8000万円に増資
RAID機器の自社開発を開始
1999年5月NASコントローラ及びNASソフトウェアの自社開発開始
2001年2月資本金を1億2000万円に増資
2001年9月OEM向けにNAS装置の販売を開始。台湾 SYNOLOGY社と総代理店及び製品の共同開発契約を締結。
2001年10月RAID装置のOEM開発/供給を国内ストレージベンダー向に開始
2002年1月資本金を1億4200万円に増資
2002年9月日本ストレージアプライアンス株式会社を株式交換により100%子会社とする。これにより資本金は1億5300万円に増加
2002年9月本社を東京都文京区から東京都港区に移転
2003年10月SSD(半導体ディスク)ストレージ装置の自社開発開始
2004年9月SSD(半導体ディスク)ストレージ装置を販売開始
2004年10月米国REDHAT社とOEM契約し、自社ストレージ製品への組み込み用OSとして使用開始
2004年11月本社を東京都港区から東京都文京区に移転
2005年2月米国VERITAS社(現SYMANTEC社)のSTORAGE FOUNDATIONのソリューションパートナーとなる
2005年6月台湾INVENTEC社とパートナ契約。サーバ製品お国内販売および自社製品への応用を開始
2005年7月台湾FIBRE LOGIC社とパートナ契約。WANロードバランサの国内販売およびWANストレージ製品の応用を開始
2005年9月米国ファルコンストア社と提携し、仮想化ストレージ製品の開発を開始
2006年3月タンベルグデータジャパン株式会社向けにVTLサーバヘッドのOEM供給を開始
2006年5月米国FileKeeper社(現Yosemite Technologies社)と技術/販売提携。PCクライアントのCDP型ファイルバックアップアプライアンスを開発
2006年6月米国ORACLE社のソリューションパートナとなる
米国emBoot社とパートナ契約。iSCSIブートによるシンクライアントソリューションの展開を開始
2006年7月台湾Decision Computer社と提携し、次世代低価格フォレンジックストレージの開発に合意
2006年8月米国Brocade社と技術パートナ契約。独自のWAFSアプライアンス製品の開発/販売を開始
2006年9月台湾Lanner Electronics社と契約。小型NASの国内ベンダ向OEMサービスを開始
2007年2月台湾AVerMedia社とパートナ契約。映像監視レコーダの国内販売を開始
日本IBMのOEMパートナとして、サーバ応用製品の開発を開始
2007年4月米国Cluster File System社と次世代大規模オブジェクト型スラスタストレージシステムの開発について合意
台湾SYNOLOGY社の次世代パーソナルNASメディアサーバの販売を開始
2007年5月米国GTB INTERNATIONAL社と契約。情報漏えい検出/防止アプアイアンス機器の国内販売に向けた評価を開始
2007年10月IPA(情報処理機構)の債務保証により、次世代QoSストレージ製品のための第2世代ストレージキャッシング&ロードバランスソフトウェアの開発に着手
2008年11月本社を東京都文京区から東京都板橋区に移転
2008年11月ストレージプロセッサ・機器開発のACARD社と包括的機器開発および販売で合意
2009年11月自社開発SuperRAID SSDを発表
2020年6月本社を東京都板橋区中丸町から東京都板橋区舟渡に移転
埼玉県戸田市に戸田事業所を新規開設
世界最高峰の技術で、世界最高性能のストレージを
Copyright 2021 Core Micro Systems Inc., All rights reserved.