Nexenta海外コラム『2015 年はやったことが返ってくる年になるとの予測』

こんにちは。野田貴子です。NexentaStorの海外公式ブログを日本でご紹介しています。完全に正確な訳ではないかもしれませんが、大よその意味が伝わるように書いていきます。どうぞ宜しくお願いいたします。

さて、第四回目は以下のコラムをご紹介します。

タイトル:
2015 Predictions: What Goes Around Comes Around

原文:
http://blog.nexenta.com/2014/12/17/2015-predictions-what-goes-around-comes-around/

意訳文章

『2015 年はやったことが返ってくる年になるとの予測 』

文化においてあらゆるものは繰り返す面があり、それは私たちの生活のどの分野でも起こります。ファッションの世界では、あの喧騒な1920年台のものであれ1970年台のものであれ、ビンテージなものが目につきます。音楽の世界では、ジャスティン・ティンバーレイクのようなアーティストが初期のマイケル・ ジャクソンの時代を思い起こし、また、シナトラの時代のラットパックの現代版のようなアーティストもいます。テクノロジーの世界も同じで、2015年の現 在でも、私たちの生活は繰り返しているのです。私はここ20年ほどテクノロジーの世界で過ごしてきました。初めは大型汎用コンピューターや合成用のグリー ンスクリーンを扱うクライアントとの仕事をし、その後x86サーバーの仕事にシフトしました。ここ数年はバーチャルサービスが主流になってきたのを見て、 中央集中型のサーバーセットアップに戻ることになりました。バーチャルデスクトップは勢いを増し、私たちはシンクライアント(ユーザーが使うクライアント 端末の機能を必要最小限(シン)に抑え、ほとんどの処理をサーバー側に集中させたもの)を扱うようになりました。かつて私たちが成長したときに通った道に あった、シンプル&効率を思い出します。

これらのことから、汎用性、シンプルさ、そして効率さが重要だということが分かります。過去数年に わたり、IT部門の人々はバズワード(それらしい専門用語)に技術的な判断を左右されてきたかもしれませんが、彼らはついに「不十分なもので多くのことは できない」と気づき、CIOたちは、製品全てをアウトソーシングするか、自社の社員でも簡単に扱える何かを取り入れるかを選択するようになりました。効率 化のためには物事をシンプルにする以外に、お金でも解決することができます。みなさんも電気に対するサービス費を払いますよね。2014年を通して私たち はSoftware-Definedなデータセンターの話をしてきましたが、ハードウェア購入は解決策ではないということを本当に受け入れてくれる企業は ありませんでした。今はソフトウェアがハードウェアをコントロールするようになり、昔ながらの考え方でハードウェアを設置する方法は廃れ始めています。あ の「金属のかたまり」はもはやお宝ではないのです。各企業は自身が選んだハードウェアを自由に設置したり、個別のアップグレードや過去のプロセスを自由に 削除できるのです。それがSoftware-Definedな(ソフトウェアが定義する)未来なのです。

2015年にはさらに多くの企業 が、ハードウェアを独立させれば社員がより効率的に働けるようになることを実感するでしょう。自分たちはソフトウェアに集中し、ハードウェアの方はハード ウェアベンダーにしのぎを削ってもらうのです。DevOpsは増加し、データセンターをよりシンプルに自動化させ続けるでしょう。目的がサーバー、スト レージ、ネットワークに関わらず、ハードウェアは単にプラットフォームとして購入され、OpenComputeのようなプロジェクトは最終的に企業の中で 強固な地位を得るでしょう。ITの社員はスピードを求めるためだけに複雑なフォークリフトを操作することはもはやできないことを分かっているので、企業に おけるSoftware-Definedなストレージは成長し続けるでしょう。Software-Definedなネットワークは過去一年程の間遅れを 取っていましたが、ネットワークチームは効率性を求めて確実にグローバル企業を作っていくでしょう。

かつては「IBM製品の購入を決めたせ いで解雇されることはない(もしその製品が上手く動かなくても、その責任を取って解雇されることはないほどIBMはビッグな会社だったという意味)」と言 われていましたが、今やIBMはあらゆるクラウドベースのサービスから仕入れをしているだけのサービス会社です。因果応報と言いますか、IT産業のこの巨 人は、過去10年のハードウェアベンダーの地位はなくなり、2015年は単なる1ユーザーで終わってしまうかもしれません。

本コラムのバックナンバーは以下をご覧ください。
http://www.cmsinc.co.jp/mm/column/nexentastor_colum.html

※NexentaStorについて、詳細と日本語資料については以下をご覧ください。
http://www.cmsinc.co.jp/products/nexentastor.html



(c) Core Micro Systems Inc., All rights reserved.